忍者ブログ
フランスはノルマンディー地方のヴィモティエールにあるティーガーⅠ(タイガー戦車・Tiger tank)と、WW2 D-DAY(operation overlord オーバーロード作戦) 史上最大の作戦と呼ばれた, ノルマンディー上陸作戦の戦場跡を巡った旅の記録
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この旅行では、ビデオも撮ったのだが、それなりにいっぱい撮っているので、あまり見ていなかったりする。編集すれば、見る気にもなるけれど。それもまたけっこう面倒である。そこで、いっぺんに編集するのではなく、部分的に編集してみようと思った。第一弾として、オマハビーチで撮ったものを編集してみた。

ノルマンディーにある米軍墓地とその下に広がるオマハビーチ、フォックスグリーン地区(fox green sector)の浜辺,そしてもっとも抵抗が激しかったドイツ軍の抵抗拠点のひとつ、WN62を訪れた時のビデオです。

PR
オマハビーチを離れ、オック岬に行く途中に博物館があったので、立ち寄りました。時間の都合で中は見ていません。
MUSEE D DAY OMAHA
外にはドイツ軍がビーチに置いた対戦車障害物や大砲などが無造作においてありました。

これはいったいなんなんでしょう?鉄でできた、ドイツ軍の銃座だと思われますが、軍艦とかからはずしたものなのでしょうか?

8.8 cm PaK 43/41
ここの目玉はこれでしょうか?現場には説明がついてなかったのですが、形から推測して、ドイツ軍の88mm対戦車砲 8.8 cm PaK 43/41 だと思います。

German 8.8cm FlaK 36
おなじく88mm高射砲(通称アハト・アハト)8.8cm FlaK 36?でしょうか。


パンター戦車の砲身?なんとも、展示の仕方が適当で、スクラップ屋さんのようです。w


外の展示物はこんなものでした。では、次回はオック岬を紹介します。

このオマハビーチにあったドイツ軍防御陣地WN62 の跡には現在米軍の犠牲者をしのぶ記念碑が建てられています。



ドイツ軍のバンカー(射撃掩蔽豪)跡の上にあるのが、5th US Engineer Special Brigade (アメリカ軍第五工兵旅団)の記念碑です。映画「史上最大の作戦にもそのシーンがでてきますが、バンガロール爆薬筒などを駆使して、障害物を除去し、砲弾の降る中、命がけで敵陣への突破口を築いた工兵隊の活躍を称え、犠牲者を追悼したものです。



さらに丘の上のほうにある尖った記念碑は、この地に上陸して戦ったアメリカ陸軍第一歩兵師団(ビッグレッドワン)の健闘をたたえ追悼したものです。残念ながらアップで撮った写真はありません。


オマハビーチの一部しか見れませんでしたが、時間もないので、ここでオマハビーチとはお別れです。


忍者ブログ [PR]
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
AMAZON
最新TB
(10/04)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[05/13 backlink service]
[05/16 ss501tiger]
[05/15 シンマツナガ]
[09/23 ss501tiger]
[09/22 小林源文]
カウンター
プロフィール
HN:
ss501tiger
性別:
男性
趣味:
戦史、旅行、戦車
バーコード