忍者ブログ
フランスはノルマンディー地方のヴィモティエールにあるティーガーⅠ(タイガー戦車・Tiger tank)と、WW2 D-DAY(operation overlord オーバーロード作戦) 史上最大の作戦と呼ばれた, ノルマンディー上陸作戦の戦場跡を巡った旅の記録
[62] [61] [60] [59] [58] [57] [55] [54] [53] [52] [51]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「マイウェイ 12000キロの真実」が1月14日公開されるのだが、何より楽しみなのは、この映画には、ドイツ軍側から描いたノルマンディー上陸作戦のシーンがあるということである。ノルマンディー上陸作戦がでてくる映画は、いろいろあったと思うが、ほとんどが連合軍側から描いたものだ。(注:戦争映画大作”史上最大の作戦”ではドイツ軍の側も描かれている)



映画の内容は、公式サイトによると、「アメリカ国立公文書館に保管されていた1枚の写真。そこには、ノルマンディー上陸作戦直後にドイツ軍捕虜としてアメリカ軍に尋問される、ある東洋人の姿が写っていた。日本、ソ連、ドイツの3ヵ国の軍服を着て戦い、アジアからノルマンディーまで横断した」ちなみに、その捕虜の写真とドイツ軍の軍服を着ていたのは、日本人だったというのは、事実らしい。



さて、映画のあらすじを聞くと、なんだかどこかで聞いたような・・・そうです。戦争劇画の第一人者、小林原文先生が20年近くも前に書いた「ハッピー・タイガー」です。

日本軍の将校が、ノモンハン事変の戦闘により、モンゴル人に助けられて暮らすようになる。その後ソ連の徴兵にあい、独ソ戦でドイツ軍の捕虜になり、ひょんなことからティーガー戦車の砲手になる。転戦するうち、ノルマンディー戦に参加・・・そのあとは、劇画を読んでくださいw

「マイウェイ 12000キロの真実」は、韓国の監督のオリジナルストーリーということらしいが、ストーリーのアイデアは、間違いなく「ハッピー・タイガー」でしょうね
こういうのって、盗作っていうんじゃないの?著作権の侵害とかにはならないんですかね?むこうの国の感覚では許されるの?かっぱえびせんもパクっておいて、平気で自分たちがオリジナルっていってる国だからねえ。

そういう連中を「つらんつけねえ」ってこの辺では言いますw



なにはともあれ、戦闘シーンに期待しています。




予告編
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
AMAZON
最新TB
(10/04)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[05/13 backlink service]
[05/16 ss501tiger]
[05/15 シンマツナガ]
[09/23 ss501tiger]
[09/22 小林源文]
カウンター
プロフィール
HN:
ss501tiger
性別:
男性
趣味:
戦史、旅行、戦車
バーコード