忍者ブログ
フランスはノルマンディー地方のヴィモティエールにあるティーガーⅠ(タイガー戦車・Tiger tank)と、WW2 D-DAY(operation overlord オーバーロード作戦) 史上最大の作戦と呼ばれた, ノルマンディー上陸作戦の戦場跡を巡った旅の記録
[65] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [55]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PS3/Xbox360用新作ソフトで、ミリタリー・シューターゲームの「SPEC OPS: THE LINE」が6月29日に発売となるのを記念し、イギリスのエンタメサイトdigitalspyとゲーム会社の2K Gamesが組んで、戦争映画ベスト10の投票を行った。そうだ。

1.『プライベート・ライアン』
2.『地獄の黙示録』
3.『ブラックホーク・ダウン』
4.『フルメタル・ジャケット』
5.『大脱走』
6.『ハート・ロッカー』
7.『イングロリアス・バスターズ』
8.『プラトーン』
9.『U・ボート』
10.『荒鷲の要塞』

という結果なわけだが、イギリスで決めたので、日本映画は、入らないのは仕方ないとして、これはあんまりだろうという映画が入ってたのは残念だ。

まず『イングロリアス・バスターズ』 絶対に金はらってみてはいけませんw
何がどうおもしろいのかまったくわからないし、戦争映画とはとても呼べない。
コメディー映画なの?

『ハート・ロッカー』たしか、アヴァターを破って、アカデミー賞を取ったと思ったが、2回見ようとは思わなかった。イラク戦争そのものを描いたものではなく(この点で戦争映画とはいえないような)占領後のテロに対する爆弾処理班を描いた映画。内容も主人公が爆弾でふっとんだら、映画終わっちゃうので、失敗もなくどんどん処理しちゃうというくだらなさ。この時点で緊迫感なし。

『大脱走』いい映画だとは思うが、捕虜収容所からの脱走劇なので、まともな戦闘シーンなし。戦争映画といえるのか?

『荒鷲の要塞』も戦争映画というより、スパイアクション映画といったほうがいいような気がする。

『地獄の黙示録』ワルキューレの流れるヘリの襲撃シーン以外はカットしてよしw

それから、この中から1位を選ぶとすれば、『ブラックホーク・ダウン』
ドキュメンタリーが原作なだけあって、とにかく戦闘シーンがリアルですごい。全編のほとんどが、作戦が始まって終わるまでの戦場を描いた、まさに戦争映画の傑作である。監督のへんな主観とかがなく、戦場の兵士たちをたんたんど描いている点も最高!

『プライベート・ライアン』は、ノルマンディー上陸の戦闘シーンなどすばらしいできだが、後半いらないドラマを入れてしまったため、ちょこっとマイナスで2位かな。
戦争というものは、真実こそがドラマであり、あえてストーリーを創作する必要はないというのが、私の見解である。

以上こ、独断と偏見にみちた戦争映画を愛する個人のたわごとでした。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
AMAZON
最新TB
(10/04)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[05/13 backlink service]
[05/16 ss501tiger]
[05/15 シンマツナガ]
[09/23 ss501tiger]
[09/22 小林源文]
カウンター
プロフィール
HN:
ss501tiger
性別:
男性
趣味:
戦史、旅行、戦車
バーコード