忍者ブログ
フランスはノルマンディー地方のヴィモティエールにあるティーガーⅠ(タイガー戦車・Tiger tank)と、WW2 D-DAY(operation overlord オーバーロード作戦) 史上最大の作戦と呼ばれた, ノルマンディー上陸作戦の戦場跡を巡った旅の記録
[58] [57] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ノルマンディーの戦場跡を巡るために、レンタカーを利用したのであるが、その時の体験などを書いてみようと思う。

最近アメリカで、邦人が巻き込まれた痛ましい交通事故があった。場所はグランドサークルを巡る旅の途中の、ユタ州のフリーウエイ上でのこと。以前そのフリーウエイを走ったこともあるので、なんだか他人事ではないような気がした。

ちなみに事故は、ツアーバスによるものなので、旅行者自身には、防ぎようのない事故だったろう。ニュースによれば、ドライバーは前日、700kmを運転し、当日は朝からガイドをしながら、300kmも運転したので、過労による居眠り運転であろうとのことだ。しかし、個人旅行でのレンタカーの旅ならば、自分の責任において不要な事故は、できる限り避けることができるはずだ。

旅に関する掲示板や、ブログなどを見たりすると、3、4日間で2000km以上を走破する計画や、また1日に1000km近く、走ったなど自慢げに書いている人たちもいるようだが、私からしたら、無謀なことをする人もいるのだなあという感じだ。そもそも、一日中、走っていて、何がおもしろいのだろうか?時間短縮のために、高速ばかり走っていても、つまらない。高速道路のドライブはどこの国でも、単調になりがちである。アメリカなどでは、一時間走っても、景色が変わらないこともざらだ。そういうドライブスタイルは、スピードを出しすぎたり、居眠りを誘発するなど、危険な運転になりがちになる。

車での旅は、飛行機などと違い点から点への移動だけでなく、その途中の風景や遺跡など、予定外に現れるさまざまな物を楽しめる、いわば面を楽しむ旅とでも、言うのだろうか?ただ、長距離を走りたいという車好きの人は別であるが、海外旅行を楽しむために、レンタカーをかりるのであれば、無理のない日程を組みたいものである。

↓ 偶然見つけた、お城のような橋



次回は、レンタカーなどについて


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
AMAZON
最新TB
(10/04)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[05/13 backlink service]
[05/16 ss501tiger]
[05/15 シンマツナガ]
[09/23 ss501tiger]
[09/22 小林源文]
カウンター
プロフィール
HN:
ss501tiger
性別:
男性
趣味:
戦史、旅行、戦車
バーコード