忍者ブログ
フランスはノルマンディー地方のヴィモティエールにあるティーガーⅠ(タイガー戦車・Tiger tank)と、WW2 D-DAY(operation overlord オーバーロード作戦) 史上最大の作戦と呼ばれた, ノルマンディー上陸作戦の戦場跡を巡った旅の記録
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ponte de hoc

オック岬(Pointe du Hoc)の名前の由来になった帆のような形をした岩が見えます。
映画史上最大の作戦の撮影もここで、行われたそうです。

↓映画のシーンより。あたりまえですが、そっくりですw

史上最大の作戦

オック岬はアメリカ軍(以下米軍)の上陸予定地点であるオマハビーチとユタビーチのどちらも攻撃できる絶好のポイントで、米軍にとっては、上陸作戦を成功させるために、ここの要塞の大砲(155mm砲)を破壊しなければならなかった。
そこで本隊の上陸開始とともに、ジェイムズ・ラダー中佐ひきいる225名の米第2レンジャー大隊は敵の砲火の下、ロープと梯子を用いて高さ約30mの崖を登り、制圧することになった。

注:レンジャー大隊とは、現代で言う特殊部隊で、志願兵で構成される精鋭部隊である。映画プライベートライアンのミラー大尉も第2レンジャー大隊という設定になっている。



上から手榴弾や、弾丸が降ってくる中、ロープ1本で崖をよじ登るなんて、普通に考えたら自殺行為ですね。戦争とはほんとに、恐ろしいものです。


さて多くの犠牲を払って、レンジャー部隊は岬を制圧することに成功しましたが、目標であったはずの大砲は、すでにドイツ軍によって移動された後でこの要塞にはなかったそうです。この戦闘のあと、225名のレンジャー隊員の内、戦闘可能な兵士はわずかに90名だったそうです。

兵士たちが、命がけでよじ登ったであろう崖を上から覗く


反対側(西側)から岬を望む。いかに切り立った崖かというのがわかると思います。

オック岬 2


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
AMAZON
最新TB
(10/04)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[05/13 backlink service]
[05/16 ss501tiger]
[05/15 シンマツナガ]
[09/23 ss501tiger]
[09/22 小林源文]
カウンター
プロフィール
HN:
ss501tiger
性別:
男性
趣味:
戦史、旅行、戦車
バーコード