忍者ブログ
フランスはノルマンディー地方のヴィモティエールにあるティーガーⅠ(タイガー戦車・Tiger tank)と、WW2 D-DAY(operation overlord オーバーロード作戦) 史上最大の作戦と呼ばれた, ノルマンディー上陸作戦の戦場跡を巡った旅の記録
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画「史上最大の作戦」で印象的なシーンにでてくる、ノルマンディーのオック岬は、オマハビーチとユタビーチにはさまれた所にある。オマハビーチからの道筋に、趣のある古城のような建物があった。

古城



とても古そうな建物であるが、今も普通に使われているようである。

ここからほどなくして、オック岬に到着する。




オック岬は、一大観光地となっているようで、りっぱな案内所があり、多くの観光客が訪れていた。


映画でみたとおりの、独特な形をした岩が見えた。
PR

ノルマンディーのオマハビーチを紹介してきましたが、今回はノルマンディーの戦いを扱った戦争劇画 
ノルマンディー1944 小林源文 著 の紹介です。
ノルマンディー上陸作戦を史実に忠実に扱った映画では、史上最大の作戦 が有名ですが、それ以降舞台がノルマンディーという映画は多くありますが、作戦での戦闘をきちんとあつかった映画はないと思います。プライベートライアンは、オマハビーチへの上陸シーン(これももちろん脚色されたものですが)以外は、完全に創作ですので、作戦を扱った映画ではないと思います。

オーバーロード作戦関係の本は数多くでてると思いますが、やはりイメージを視覚的に見れるものとして、映画以外に劇画や漫画があります。そして戦争劇画の第一人者小林源文氏による、ドイツ軍側からのノルマンディーでの戦いを扱ったのが、このノルマンディー1944  です。

海岸での攻防から、ヴィットマンで有名なヴィレル・ボカージュの戦い、カーン攻防戦、ファレーズ攻防戦などが描かれています。この本はただ劇画(漫画)として楽しめるだでなく、ところどころに挿入される作戦図やドイツ軍防御拠点(陣地や要塞)の詳しい解説図などがあり、たいへん勉強になり、ノルマンディーでの戦いを理解するのに最適の作品であると思います。

前の記事でちらっと紹介しましたが、少人数と少ない手持ちの武器で、果敢に戦ったドイツ軍防御拠点WN62のドイツ兵と英雄ハインツ・ゼーフェロー伍長の話しももちろんでてきます。というかこの本ではじめて知ったのですが。偶然にもその場所に行くことができてよかったと思っています。


SS第102重戦車大隊第2中隊の8日間という劇画も掲載されているのであるが、これには、なんとこのブログの最初のほうで紹介したヴィモティエールのティーガーの破壊前の活躍が描かれていた。これには、たいへん感激しました。とにかく読み応えがありたいへんおすすめの本です。








アロマンシュ・レ・バン

さきほどの丘から少しさがると、町があり、博物館がある。こちらも時間の都合で中は見てない。

アロマンシュ

回りには大砲や、装甲車、戦車などが置かれている。

1
シャーマン戦車

上のほうには、M4シャーマン戦車が見える。

さて時刻はすでに夜7時を越えていた。先を急ぐ。
ノルマンディー

ノルマンディーの道はせまい場所が多い。フランス人たちはこんなせまいとこでも、ものすごいスピードで駆け抜けていくが・・・


忍者ブログ [PR]
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
AMAZON
最新TB
(10/04)
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[05/13 backlink service]
[05/16 ss501tiger]
[05/15 シンマツナガ]
[09/23 ss501tiger]
[09/22 小林源文]
カウンター
プロフィール
HN:
ss501tiger
性別:
男性
趣味:
戦史、旅行、戦車
バーコード